トップ > 性の悩み > 早漏は、3分以下?

早漏は、3分以下?

早漏(そうろう)は、性交はできるのです。ですから、ED(勃起不全、インポテンツ)よりはいいのです。それでも早漏で女性が性的に満足するより射精の方が早いと問題はあるわけです。

では早漏が射精が早いというが、どれだけ早いと早漏なのでしょう? 三回半こすっただけで射精してしまうというのは早すぎる例えに言われますが、一番早いのは性交の前に射精してしまうことです。

性交時間が、どれだけあれば早漏ではないのでしょうか? 1999年にNHKが調査したところ、セックスの所要時間の平均は33分です。若いほど長い時間をして20歳代では男性61分、女性46分、50歳代の男性24分、女性20分と回答しています。

「ええ、そんなに長くなんて信じられない!」と誤解をしないでください。セックスの所要時間は、挿入から射精までを性交時間としてではなく、相手とのセックスにかける時間(お互いのからだに触れ合ってから終わるまで)のことです。

では、アメリカでは性交の時間についてどういう研究があるかというと、理想的な性行為は7分から13分ということです。しかも、3分でも十分だとする研究結果があります。(2008/3/5 「インターナショナルジャーナル・オブ・セクシャルメディスン」誌)

性交の持続時間はアメリカ人とカナダ人を対象に実施され、最も理想的な性交時間は13分だそうで、3分から7分の挿入時間でも十分だとみています。どうですか?あなたは3分は持ちますか?

セックスが3分以下になるとさすがに短かすぎとなっています。ほとんどの男性は性交時間を飛躍的に延ばしたいと考えていますが、女性は3分から7分の性行為で満足しています。ですから、まず3分、そしてできれば7分から13分も続けば、満足したSEXの可能性が高いです。

ただ、セックスはお互いの愛情を確かめるためのものですから、満足するかどうかを時間だけで判断することはできません。早漏でもEDでも、前技で充分満足するセックスもあれば、1時間やっても満足よりも苦痛になる性交もあります。

性交の時間も大事ではあるけれど、それだけにとらわれないで、トータルに満足するセックスをしましょう。

この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事