トップ > 性の悩み > 食生活とED(勃起不全)の関連

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見直すことも、お手軽に始められる点でお勧めです。

勃起不全は生活習慣病と深い関わりがあるので、どちらも予防・改善するには食生活を見直して、旬のものを頂いて、食べる量は腹八分目に抑えて、いつも食べたら感謝して頂くことに尽きます。つまり、どちらの病気でも、基本的には予防・改善する方法は、なんら変わるところではありません。


現在は食べる物は豊富にあり、摂取カロリーをどう減らすかということが課題の時代になり、EDはもとより生活習慣病も増加してきています。特にコレステロールなどの、油脂類を過剰に摂取することが懸念されています。
ハーバード大学では疫学的調査がされて、肥満の男性の場合は勃起不全になるリスクは、健常人に比べ2倍になるとの報告がなされました。

この調査の場合の肥満度の判定は、単に体重ではなくて体脂肪率によってなされています。ですから、一見スリムにみえる場合も体脂肪率によっては肥満に含まれていて、勃起不全のリスクを示すとして信頼性が高いデータと言えます。


一方、日本人の場合は総摂取カロリーは50年前と変わっていないのです。では、昔と同じように健康かというと、そうではなくて、カロリーは同じでも炭水化物の摂取量が減っていますから、その反面、油脂類の摂取量は増加しています。
加えて現代は昔とは生活スタイルが大きく変化しましたがら、摂取カロリーは同じでも肉体的負担は確実に減っているので、結果的には消費されない栄養が残り肥満をまねきます。


EDの予防・改善には、カロリーの消費をするウォーキングやストレッチなどが、お手軽に始められます。効果の高い運動療法との相乗効果は、生活習慣病やEDを防ぐには不可欠といえるでしょう。


この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事