トップ > 性の悩み > 更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、EDになることも充分に考えられます。しかしED(勃起不全)を、始めて経験した男性でも、そのEDをただ“精力が落ちた”程度の意識しかなく、更年期障害とはあまり考えないようです。


勃起不全の原因のうち精神的要素としては、うつを初めとする精神的症状があります。うつなどの精神的症状は、ホルモンバランスが崩れることが原因とされています。つまり、加齢により男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減ってくるからです。

更年期障害は、のぼせ、ほてりなどの体の不調があげられますが、それらはEDの肉体的要素でもあるのです。体調不良になると、体は交感神経を優位にして防御に入りますが、それは血管が収縮します。収縮した結果、血液の流れが悪くなって、ペニスの海綿体が勃起するのに十分な血液を確保ができなくなり、その結果勃起不全になると考えられます。


男性ホルモンの産生量は、20歳あたりをピークにして、あとは徐々にではありますが減少していきます。ですから中年と呼ばれる年齢になると、男性ホルモンよりも女性ホルモンの影響が出始めてくるのが、男性の更年期障害です。


勃起不全の原因が、男性ホルモンの減少で女性ホルモンが優勢になることだけの場合であれば、男性ホルモンを投与することで根治が可能です。これは男性ホルモン補充療法と呼ばれていま。ただし、ホルモンというものは少しの摂取量でも、体全体に及ぼす影響が大きいので、かならず専門医に指導してもらうことです。


EDに限らず体力や健康など、程度の差はあっても、加齢の影響は誰でも避けられない問題です。ですから、勃起不全の予防・改善をするには、医療現場ではよりよく生きるための、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)向上のひとつと位置付けられています。

この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事