トップ > 性の悩み > 巨根願望が過ちから、ED(勃起不全)をまねく

巨根願望が過ちから、ED(勃起不全)をまねく

ED(勃起不全)は発症するのは主に中年以降のことが多く、一般的にはEDは加齢現象と考えられがちです。しかし、若くしてEDを発症してしまうこともあります。その場合は、原因のひとつとして巨根願望を持っていると、それと現実のギャップが、精神的ストレスを与えているケースがあります。


週刊誌や男性誌などを見ると、医学的には根拠が無いペニス増大法を、まじめに取り上げる特集が組まれたりしています。あるいは、昔から漫画や絵で男性は陰茎を大きく描いて、それを女性が喜んで飛びつくようなものを載せます。

巨根願望というのは実は男性側の妄想にすぎないのです。つまり、“女性は陰茎の大きい男性を好む”といった誤った先天的願望があるのです。


しかし若くして勃起不全に悩む男性の中には、そういった女性の男性の好みやペニスの大きさの意味などに関する誤った知識を持っている人が多いようです。その誤った知識のために、コンプレックスを抱いた結果、勃起不全に至ったとしてケースが増えてきています。

EDを防ぐには、あるいは既になってしまったEDを改善するためには、その原因である誤った性の知識をなくすために、医学的根拠に基づく性に対する正しい知識が必要であります。

アジア系の男性の医学的な調査では、どうなったでしょうか?実は8割が仮性包茎でした。そして勃起した時の平均的なペニスの長さは13cm前後とされています。つまり、それほど大きくはないのです。しかも勃起の時に5cm以上あれば、それで性的行為に支障はないとされています。あなたは、5cm以上ありますか?


ですから巨根願望というのはよほど特殊な女の場合でなく大抵の場合、男性側の妄想にすぎません。女性のほとんどは、ペニスの大きさなどを問題にするのではなく、“自身を大切にしてくれる”といった脳の意識のほうが、膣へ直接刺激をするよりもはるかに大きいとされています。


EDを男女共に予防・改善していくには、精力剤を使ったり、自分を鍛えたりすることも大事ですが、何よりパートナーシップが大切なのです。


この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事