トップ > 性の悩み > 毎日の運動療法でED(勃起不全)を防ぎましょう

毎日の運動療法でED(勃起不全)を防ぎましょう

ED(勃起不全)は生活習慣病と深い関わりがあります生活習慣病も適度な運動をすることは効果的なことは知られていますが、勃起不全の改善にも、特に腰から下の筋肉を鍛えることが効果的であることが知られています。

ですから、適度な運動を継続することは、EDを予防・改善するだけでなく生活習慣病をも予防することになります。


スクワットは、誰でも場所もとらないで気軽にに始められる点があり、しかも勃起不全に対する改善効果が高い点がお勧めです。

スクワットは毎日継続することにより、陰茎の根元を締め付けている筋肉を鍛えられます。時間は目安は1日5分程度ですから、それほど時間はとりませんから、朝起きてからとか、夜寝るまでとか、空き時間にトレーニングすれば良いようです。


ウォーキングも、お手軽に始めることができますね。ウォーキングも継続することで腹筋・背筋・足の筋肉を強化してくれるだけでなく、心肺機能を高まります。

目安は1時間で6?8kmと通常の散歩よりやや早足になります。しかし、あくまでも目標値ですから、無理はすることはなく、できる速さで始めるのが良いようです。

ウォーキングで大切なことは、短距離・短時間でいいからお手軽にまずはじめることですね。そしてはじめたら、それを毎日継続して歩くことです。そうすれば、EDの改善だけではなく生活習慣病の予防・改善全般に当てはまります。


EDは早く治したいと誰でも願いますが、その原因には心因的要素および器質的要素が複雑に影響しあっていることが多いです。ですから、治療薬でED対策は対処療法にすぎないと考えたほうがよいとされています。

したがって、EDの根治にはそうした薬だけに頼るのではなく、適度な運動が欠かせないようです。


この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事