トップ > 性の悩み > ED(勃起不全)とうつ病の関係

ED(勃起不全)とうつ病の関係

ED(勃起不全)とは単純な体のトラブルだけでなく、精神的なストレスも、ED(勃起不全)には大きく影響しますから、EDとうつ病は、極めて緊密な関係があります。

つまりEDとうつ病の場合は、昔から因果関係が深いとされていますから、心因的要素と気質的要素の療法の要素がありますから、相互の影響を考える必要があります。


EDになる気質的要因には、うつ病そのものがあげられます。うつ病では、性欲も減退することが多いので、性的行為そのものがストレスと感じるようになります。

さらにうつ病には抗うつ薬を使いますが、抗うつ薬には、脳内の神経伝達物質であるセロトニンとドーパミンに働きかけて、困ったことに性欲減退を引き起こすということが報告されています。

心因的要因の場合は血管を拡張して血液の流れを確保するため、ED治療薬が処方されます。

一方勃起不全になる心因的要素として、何があるでしょうか?それにはまず精神的ストレスがあげられます。精神的ストレスが交感神経にはたらきかけることが契機となります。

交感神経は精神ストレスなどの外部からの変動要因から体を守る方向へ働きかけます。ですから交感神経は負のフィードバックと呼ばれています。この交感神経が優位になると守る姿勢として血管が収縮します。血管が収縮してしまえば陰茎の勃起する海綿体へ血液が流れるのを邪魔してしまい、結果的に勃起不全となるのです。


気質的要因の場合は、ED治療よりもうつ病の治療を優先することになります。
ただし抗うつ薬にも作用に違いがありますから、あきらめずに、勃起不全薬との併用が可能な場合もありますから、まず医師にご相談ください。

この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事