トップ > 性の悩み > EDと勃起の仕組みと大きさ

EDと勃起の仕組みと大きさ

最近では若くしてED(勃起不全・勃起障害・インポテンツ・インポ・性的不能)になることも多いようです。さらに勃起不全(ED)になる割合は中年以降の特に男性にとって、生活習慣病と同様、年齢が高くなることと共に増加する病気です。


EDとは、勃起しない勃起不全から、勃起はするが充分に勃起状態を維持できない勃起障害などで、結果的に性的行為がうまくできない状態のことをいいます。

ひとつには原因はストレスです。あるいはうつ病ということもありますが、単に疲れた場合もあります。つまり原因はさまざまです。

ペニスの勃起をコントロールしているのは、交感神経と副交感神経です。
ストレスなどの精神的要因は交感神経が作用して、海綿体への血液の流入が遮断されることで、途中で萎えてしまうようです。

交感神経は外部の環境の変化から体を守る方向へと働き、逆に副交感神経は外部へ積極的に働きかけるように働きます。

ですからEDでセックスを楽しむことができないことの防止するには副交感神経を優位にし、リラックスする必要があります。


では、副交感神経を優位にするにはどうすればいいのでしょうか?副交感神経は視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚などの五感から性的刺激を受けると興奮します。あるいは、直接正規を刺激しても良く、それに反応して副交換神経は脳内の勃起中枢にはたらきかけます。

はたらきかけられた勃起中枢からは血管拡張物質が放出され、海綿体内の筋肉や動脈が拡張し血流量が増えます。血流が増えると海綿体が膨張して、うっ血した状態(勃起した状態)になります。

バイアグラなどのEDの治療薬は血管拡張物質を補って、海綿体への血流量を増加させる効果があります。


ちなみに世界的に勃起時の平均的な長さは13?14cm程度だといわれています。しかし女性の膣の長さは7?10cm程度のようで、勃起した長さが5cmあれば問題はないといわれています。

ですから勃起がまったく駄目になるのを防止するためにも、パートナーとの相互理解をして、大きさは気にしないほうがよいとされます。

また、勃起不全は、ほとんどの場合早目に治療すれば治せるようになってきています。


この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事