トップ > 性の悩み > 勃起不全・EDの患者は年齢は?

勃起不全・EDの患者は年齢は?

厚生省のCMでEDは治せる病気です”というのはご存知ですか。このCMなどの宣伝のためか、最近はEDは病気として認識されることが、ようやく周知がなされたようです。

これまでは、ED(勃起不全・勃起障害・インポテンツ・インポ・性的不能)は、たんに年をとって衰えたと思われて、多くの男性から怖れられていたのものでした。


しかし年齢だけが問題ではなく、日本の医療機関の調査では、30?70歳までの男性のうち約20%の人、つまり5人に1人が中程度以上の勃起不全を持っているとの報告がなされました。

あなたは、これまでいつも勃起に問題はありませんでしたか?

世界的を見ても似たことは先進国の間では起きています。およそ、男性のうち1割がEDの悩みを持っている勃起不全患者とされています。

つまり、先進国に限れば世界も日本も、日本人並みに絞った結果では、同じような結果となることが予想されていて、要するに国籍や人種にはあまり差が無いようです。


勃起がまったく駄目ではない場合の軽症者を含めると、そのED・勃起不全あるいは勃起障害の患者は、日本では1500万人もいると言われています。ですからこの悩みを抱えているのは、もはや単なる年齢が高くなることによる症状とはいえない状態です。

EDで性交ができないことには年齢以外にも、高血圧糖尿病などの生活習慣病や、うつ病やストレスなど精神的や要因が深く関与している場合が知られています。


したがってEDになったから単純に年をとったのだと、簡単に片付けることは、実は生活習慣病だったとか、ストレスやうつ病など大変危険な状態を見逃すことにもなりかねません。

まず、あかひげ薬局で相談するのはいいことだと思います。しかしもし、そういう恐れがあるのなら、最近はパートナーの理解も得やすくなっていますし、効果の高い治療法も確立されていますので、実績の高い医療機関を探すことが大切です。


この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事