トップ > 性の悩み > ED(勃起不全)の中程度・重程度

ED(勃起不全)の中程度・重程度

EDがたまに、勃起が不充分で性交ができないのは、たまたま疲れていたとかで、誰でも可能性はあります。問題は、中程度・重程度(完全)のEDです。

中程度の方は、時にはちゃんと性交ができるから、まだいいのだと思うかも知れません。でも、そうでしょうか?

「中程度の勃起不全はインポテンツではない。インポテンツは完全に勃起をしないので、私のは挿入ができて、それが中折れだからずっとましだ」と言う方がいました。

確かにある程度楽しめるかも知れません。しかし、逆に中途半端に快楽が味わえて、「もうちょっとすればオルガニズム(オーガスム)を迎えられたのに」と不満を起こすこともあるのです。

これが一度や二度なら許されるかもしれないが、度重なると「また、途中で終わってしまう」という意識ができて、潜在的に絶頂が無理だと思ってしまうのです。それが、やがて性交そのものを嫌になってしまったり、他の男性との性交渉をしてしまったりすることもあります。




反面N氏は、完全なEDに近くて性交はほとんどできないのですが、その代わりいわゆる前技をたっぷりやって、指と口などを使ってオーガニズムにまで女性を行かせて、それを彼も楽しんでいるとのことです。

「いやあ、性交とは膣に陰茎を挿入するものだ」と若い頃は思っていたけれど、女性にしてみれば、挿入するのもいいけれど、それよりも相手と裸で抱き合い、接触して、感じることをすれば、セックスをしていることになるのだとわかりました。

「ですから、セックスをしても、必ずしも挿入はこだわりません。もちろん、できれば挿入をするに越したことはない。そのために、時には強精剤や精力剤も使います。でも、70歳になった私は、女性と体も心も気持ちよくなればいいと思っています。」

なるほど、そうやって薬を使うのはいいけれど、無理をしてまで頼りすぎるのは、いいことではないと思います。


EDの解決策の無料レポートをどうぞ。


そう言えば、2008年2月24日に広島県で無承認の勃起不全(ED)治療薬を使用した男が一時、意識不明の状態に陥ったとのニュースがあった。

なんでも、「男根増長素」といい国内では医薬品として承認されていないのを使ったそうだ。成分検査をしたら、血糖値を抑える医薬品「グリベンクラミド」とED治療薬の「シルデナフィル」を検出して、特にグリベンクラミドは、薬事法が定める通常使用量を大幅に上回る量が含まれていたそうだ。福祉保健部は「この量を一度に服用した場合、意識障害などの副作用を引き起こす恐れがある」といっている。

EDの治療薬は役にたつけれど、あくまで承認された正しい薬を、正しい飲み方を守らなければ、あなたの性生活だけでなく、人生をおかしくする恐れがあります。

この記事のカテゴリーは「性の悩み」です。
精力減退、勃起力不足、勃起障害、ED、早漏、遅漏、不感症、ED等人に言えないお悩み
関連記事

ハンビロンの効果

あかひげ薬局でもよく話題になりますが勃起不全(ED)は、現在多くの男性の悩みにな...

トノスは

トノスは早漏にと言われていますが、「オットピンSとどちらがいいか」と聞く人がいま...

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1

オットピンSはあかひげ薬局売上げNo.1ですから、オットピンsの効果は、早漏気味...

食生活とED(勃起不全)の関連

ED(勃起不全)を器質的(肉体的)要因から予防・改善を考えるときには、食生活を見...

更年期障害もED(勃起不全)では関係あります

男性は女性ほど更年期が強い影響が出ないのですが、時には更年期障害の影響により、E...

カテゴリー
最新記事